女性側だけが原因じゃない!男性不妊とその予防方法

  • 不妊治療・婦人科

医学が進んでいなかった時代、子宝に恵まない原因は女性にあるという考えが根付いていました。現代では、不妊の原因は男性側にもあることがわかっていますが、未だに前時代的な考えで女性側を冷遇するケースが見受けられ、妊活の大きな妨げになっています。

この記事では、

  • 男性不妊とは
  • 原因はなにか
  • どんな病気があるのか
  • 予防法

について、ひとつずつ詳しくお話ししてきたいと思います。

男性不妊ってなに?

不妊は、避妊しない状態での性行為を少なくとも12ヶ月続けているのに妊娠しない状態を指します。現在では、通常のカップルのうち、15%は不妊症といわれています。

この不妊の原因が、100%女性側にあると思われている方はいらっしゃいませんか?日本ではそれが当たり前のように思われていた時代がありましたが、医学の進歩とともに、不妊の原因は女性だけでなく、男性にもあることがわかっています。

WHOは、男性にのみ不妊原因があるカップルが24%、女性にのみ不妊原因があるカップルが41%、男女ともに原因があるカップルが24%、原因不明が11%と報告しています。

つまり、不妊は男性側に原因があるケースが約50%を占め、不妊の原因は男女半々であることがわかります。

そのため、女性側だけ不妊治療を受けても、男性側に問題があった場合、妊娠に結びつく可能性は低くなってしまいます。不妊の原因が、男性にもあることを知っておきましょう。

男性不妊症の原因は?

妊娠するには、男性の精子と女性の卵子が必要です。精子は、精巣で作られ、陰茎の中の管を通って、射精されることで妊娠に結びつきます。この過程に問題がある状態を男性不妊と言い、その原因は大きく分けて下記の3つが挙げられます。

◾︎造精機能障害(精子形成障害):数が少なかったり、元気な精子が作られない状態

◾︎精路通過障害:精子が通る管が通れなかったり、出てこない状態

◾︎性機能障害:勃起や射精できない状態

2016年に公表された全国調査では、造精機能障害が82.4%、精路通過障害が3.9%、性機能障害が13.5%という結果が出ています。

男性不妊症の原因の約8割を占める造精機能障害ですが、なぜ元気な精子が多く作られないのかは、約6割が原因不明です。

男性不妊症の原因となる病気は?

上記の3つの原因を引き起こす、代表的な病気が下記のようになっています。

◾︎造精機能障害

染色体異常

男性不妊の原因となる染色体異常には、クラインフェルター症候群などがあります。性別を決める染色体には、X染色体とY染色体があり、XXは女性、XYは男性になります。クラインフェルター症候群は、2つ以上のX染色体と、Y染色体を1つ持ち、無精子症や高度な乏精子症になります。

おたふく風邪による耳下腺炎性精巣炎

思春期以降の男性がおたふく風邪になると、約20〜30%に精巣炎を起こします 。このうち、30〜40%に睾丸萎縮が見られ、精子数が減ることが報告されています。稀ですが、不妊につながる場合があります。

・精索静脈瘤

男性不妊症の代表的な病気で、精巣の周りに血液が停滞した状態です。陰嚢は、体内の温度より3度低いのが正常で、温かい状態が続くと精子を作る機能に悪影響が及びます。精索静脈瘤があると、血液の流れが悪くなって、温かい体温が下がることなく停滞したり、低酸素状態が続くので、正常な精子が作られにくくなります。

・停留精巣(停留睾丸)

精巣は、胎児の頃にお腹の中から陰嚢に降りてくるのが正常ですが、降りてこなかったり、途中で止まった状態を停留精巣と言います。停留精巣を放置した場合、正常な精子形成ができず、無精子症や乏精子症の原因になります。

◾︎精路通過障害

精巣上体炎

精巣の上にある精巣上体に炎症が起きた状態です。クラミジアや淋菌などの感染によって起こり、炎症によって精子の通り道が塞がってしまうことがあります。

クラミジアや淋菌は、女性の不妊症の原因としても挙げられる性行為感染症です。パートナーのどちらかが治療したとしても、もう一方が未治療の場合、再度感染する危険があります(ピンポン感染と言います)。

精管欠損、精管狭窄、射精管閉塞

生まれつき精管がなかったり、炎症などによって精子の通り道が塞がれた状態です。

鼠径ヘルニア手術による精管結紮 

鼠径部は精管の通路なので、鼠径ヘルニアの手術の影響で精管が塞がれた状態です

◾︎性機能障害

勃起障害(ED)

勃起できない状態や不完全な状態を勃起障害と言い、原因として高血圧や糖尿病、うつ病が挙げられます。また、過労やストレスで発症する場合があります。

膣内射精障害

勃起ができても膣内で射精ができない状態を膣内射精障害と言います。

逆行性射精

射精は本来、尿道を通って外に精子が出ますが、尿道から膀胱側へ射精する状態を言います。糖尿病や手術などによる神経障害が原因になります。

男性不妊妊症にはどんな状態がある?

一口に男性不妊症と言っても、その状態はさまざまです。どんなものがあるか見ていきましょう。

◾︎乏精子症

精子1mlに1500万未満と、精子の数が少ない状態です。

◾︎運動無力症

運動率(前進する精子の割合)が40%未満と、精子の動きが悪い状態です。

◾︎高度な精液性状低下

精子数が極端に少ない(通常の1/100以下など)場合や、運動率が特に低い場合(20〜30%)を言います。ホルモンの分泌障害のほか、おたふく風邪による耳下腺炎性精巣炎でも起きることがあります。

◾︎無精子症:射精はできても、精液中に精子が0の状態をいいます。精液は出るため、顕微鏡で精子の状態を見ないと無精子症かどうかはわかりません。日本人男性の1%にみられます。

精子が通る道が塞がっていることが原因(閉塞性無精子症)の場合、精巣で精子は作られているので、治療することで妊娠の可能性はあります。そうでないタイプの無精子症(非閉塞性無精子症)は、妊娠は不可能と昔は言われていました。

しかし現在では、精巣の一部で精子が作られている場合があるので、「無精子症=妊娠の可能性0」ではないことがわかっています。

 

男性不妊の予防方法は?

生活習慣病やストレス、飲酒や喫煙は、精巣の働きに悪影響を及ぼし、精子の質を落とす可能性が高いです。日本Men’s Health医学会によると、男性不妊症の予防方法は下記のようになります。

◾︎ウォーキングなどの軽めの運動(メタボ対策)

◾︎1日3食、バランスのとれた食事(亜鉛が含まれる牡蠣やピーナッツ、ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化物質)

◾︎1日7時間程度の長さで、決まった時間に就寝、起床する

◾︎長風呂をせず、長時間のサウナも避ける

◾︎自転車、バイクに長時間乗らない

◾︎深酒しない

◾︎禁煙

 

【まとめ】

不妊の原因は、女性側にだけあるのではなく、男女共50%ずつあります。そのため、赤ちゃんをなかなか授からない場合、女性だけでなく男性も一緒に受診することが大切です。

男性不妊は、男性にとってショックな宣告ですが、原因が詳しくわかれば、より有効な治療を受けることができます。年齢が進むほど妊娠率は低下するので、迷う前にまずはご夫婦で検査へ行くことをおすすめします。

ご夫婦で協力して検査・治療を受けることで、妊娠の確率を上げていきましょう。

☆悩んだらまず4ヶ月飲んでみて下さい^^☆
「血」を大切にする理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるとっておきのブレンドティー。女性のバランスを整えるためにおすすめ!
これからの暑い季節にはアイスでも美味しく楽しめます^^
↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶

☆代表堀江が「ぼくが自分のために開発した!笑」と言い切る、快調サプリの決定版!☆
不足分の食物繊維が一気に補えて、100種類の野菜フルーツの酵素と1000億個の善玉菌、オリゴ糖が入っています。そして保存料、人工甘味料、着色料無添加!
↓  ↓  ↓
快調サプリ調爽源

☆一緒にやりましょう^ ^☆
↓    ↓    ↓
堀江昭佳Twitter

堀江薬局Instagram

<出典・参照元>

日本Men’s Health医学会 第1回コラム:意外に多い男性の不妊症について

厚生労働省 HUMAN+ 産婦人科デビューの不安、解消します

日本家族計画協会 クラインフェルター症候群

ムンプスウイルスとその合併症について

北海道大学大学院医学研究院 腎泌尿器外科学教室

日本生殖医学会 Q4.不妊症の原因にはどういうものがありますか?