高温期なのに生理がくるのはなぜ? 原因と対処法

  • 不妊治療・婦人科

普段から基礎体温をつけていると、生理周期や基礎体温のアンバランスに
気づくことがあります。

たとえば、「高温期なのに生理がきた」「生理がきた後も高温期が続いている」
というケースがそうです。

正常な生理周期であれば、排卵から約2週間後にプロゲステロン(黄体ホルモン)の
量が減って低温期となり、生理がきます。

しかし、「生理なのに高温期」という状態はこの正常なパターンとは異なるため、
「なにか異常があるのでは?」と不安を抱く方が多いのです。

これは生理? 不正出血? それとも妊娠?

今回は、この疑問にお答えします。

 

まず、理想的な基礎体温を理解しておきましょう

基礎体温(妊娠していない場合では、

  • 生理開始から14日前後の低温期を経て排卵
  • 排卵後、1〜2日で体温が上がって高温期に入り、高温期が12〜14日続く
  • 体温がストンと下がって低温期に入り、生理がやってくる

このように、くっきりと2層に分かれているのが理想です。

 

低温期の間、卵胞は静かに成熟し、排卵すると一気に高温期に入ります。

体温が上がるのは、排卵によって破れた卵胞が黄体に変化して、
プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌しているためです。

 

妊娠すればそのまま高温期が続き、妊娠していない場合は、プロゲステロンが
減少することで体温がスッと下がり、次の卵胞を育てる準備に入ります。

子宮内膜は剥がれ落ち、新たな子宮内膜に生まれ変わります。
(子宮内膜の剥脱・再生)

そして、また卵胞が成熟したら排卵して……というのを繰り返しているのです。

 

つまり、

  ①卵胞の発育(低温期)

  ②排卵

  ③黄体の維持(高温期)

  ④子宮内膜の剝脱・再生(低温期になり生理がくる) →①に戻る

この①〜④のサイクルを約1ヶ月ごとに繰り返していて、
これを「月経(生理)周期」といいます。

 

なお、生理周期には個人差があるので、

  • 生理初日〜次回の生理がくる前日までの期間が25〜38日
  • 毎月の生理周期の誤差が6日以内

この範囲であれば、正常な生理周期となります。

基礎体温は、体の様子を正直に映し出す

低温期に入って生理がくるのが普通ですが、たまにこのサイクルが乱れ、
「高温期なのに生理がきた」ということが起こります。

生理周期は女性ホルモンによって調整されていて、このホルモンバランスは
自律神経の影響を受けやすく、環境の変化やストレスですぐに変調をきたします。

ですから、多少の誤差は珍しくありません。

「いつもより早く(遅く)生理がきた」というのは、誰でも経験があると思います。

しかし、

  • 明らかに高温期が短かく(10日以下)、生理になる
  • 高温期が上がったり下がったり安定しないまま生理になる
  • 高温期のまま生理が始まり、その後もずっと高温期が続く

このような場合は、治療が必要な場合もありますので注意が必要です。

 

基礎体温は女性の体の状態を反映しています。

「あれ? いつもと違う」という気づきが、外からは見えない体の中のトラブルを
見つけるきっかけになるのです。

さらに、低温期になって生理がくるのは、「次の卵胞を育てる準備に入る」ことを
意味しています。

しっかりと卵胞を育てるためには、十分な低温期が必要なのです。

「高温期のまま生理」という状態は、卵胞の発育にとっても、
よい環境とはいえません。

 

「高温期のまま生理」で考えられるトラブル

高温期に変調があるときに考えられるトラブルとして、

  • 黄体機能不全 
  • 体内の炎症によるもの    …があります。

 

黄体機能不全

高温期が短く、上がったり下がったりと不安定なまま生理になる場合は、
「黄体機能不全」を疑います。

排卵後の体温上昇はプロゲステロン(黄体ホルモン)によるものなので、
高温期が短かい・不安定という状態は、プロゲステロンが不足している証拠です。

ほかにも、子宮内膜をフカフカにして着床しやすくする、妊娠を継続させる作用が
あるため、黄体が働いていないと不妊症や流産の原因になります。

 

体内の炎症によるもの

代表的なものに、子宮内膜症があります。

子宮内膜症の組織から分泌される炎症性物質によって、体は慢性的な炎症状態となり、体温が下がりにくくなることがあります。

また、トラブルではありませんが、ホルモン剤を使用していると
体温が下がりきらないことがあります。

 

漢方的視点からみた、高体温と生理の関係

高温期が終わり、ストーンと低温期に下がるのが理想ですが、「ダラダラと下がる」「下がりきっていないのに生理がくる」という場合、

  • 陰虚(蓄えて育てる力の不足)
  • 血虚(栄養・ホルモンの不足)
  • 気虚・陽虚(エネルギーの不足・温める力の不足)   

……このような状態が考えられます。

 

つまり、

  • 卵胞を育てる力が弱い→しっかりした黄体が作られない
  • 栄養・ホルモンの不足→卵巣・子宮の働きが弱くなる、ホルモンバランスの変調
  • エネルギー不足→黄体の力が弱く、高温期を維持できない

……ということです。

 

高温期が不安定・生理のタイミングが早いという状態は、ホルモンバランスの変調や、卵胞の発育不全からくる黄体機能不全を考えます。

 

どのような対応をすればいい?

まれに、正常妊娠の場合でも生理の予定日から数日間続く出血(月経様出血)が
見られることがあります。

「生理がきても高温期が続く」という場合、まずは妊娠検査薬で妊娠の可能性がないか確認してみましょう。

高温期に「予定日通りに生理がきた」と考えて、検査をせずに妊娠の可能性を
見逃すのはとても危険です。

 

そして、妊娠検査が陰性であっても、

  • 高温期が続く
  • 生理周期のたびに高温期が不安定(2〜3ヶ月続けて)

……という場合には、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

 

ホルモン療法が原因の場合は、治療を中止することで体温上昇は落ち着きます。

しかし、黄体機能不全や子宮内膜症は、適切な治療をしなければ不妊症の原因と
なりますので注意が必要です。

黄体機能不全・子宮内膜症ともに、状態が改善することで基礎体温や生理の変調も
正常に戻ってきます。

漢方治療としては、育てる力である「腎・陰」を補うこと、血や気をつくる土台である「脾(胃腸)」の養生が大切です。

 

高温期の不調については、こちらでも詳しく説明しているので
参考になさってください。

短く不安定な高温期を整えるには、低温期がカギである。〜不妊・婦人科疾患を治す基礎体温の見方 4〜

【まとめ】

基礎体温と生理の変調、それにまつわる体のトラブルについてのお話でした。

今回の「高温期で生理」のように、気づかないところでトラブルが起きているのに
見逃してしまうと、病気の悪化だけでなく不妊症につながることがあります。

逆に、不妊症で悩んでいる方が基礎体温をつけることで、黄体機能不全などの不調に
気づき、適切な対処によって妊娠できることもあります。

異変を見逃さず、トラブルに早く気づいて治療するために、
まずは自分の体を知ることが大切です。

そのためにも、普段からご自身の基礎体温と生理周期を知っておきましょう。

「あれ? いつもと違う」

この気づきこそ、女性の健康や、安全な妊娠・出産にとって非常に大切なことです。

 

☆このサイトの主催者について☆
赤ちゃんを授からないかもしれない。 そんな不安を抱えていませんか?
↓   ↓   ↓
漢方薬剤師 堀江昭佳


☆悩んだらまず4ヶ月飲んでみて下さい^^☆
「血」を大切にする理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるとっておきのブレンドティー。女性のバランスを整えるためにおすすめ!
暑い季節にはアイスでも美味しく楽しめます^^
↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶


☆代表堀江が「ぼくが自分のために開発した!笑」と言い切る、快調サプリの決定版!☆
不足分の食物繊維が一気に補えて、100種類の野菜フルーツの酵素と1000億個の善玉菌、オリゴ糖が入っています。そして保存料、人工甘味料、着色料無添加!
↓  ↓  ↓
快調サプリ調爽源


☆一緒にやりましょう^ ^☆
↓    ↓    ↓
堀江昭佳Twitter

堀江薬局Instagram

 

<出典・参照元>
神奈川県公式 丘の上のお医者さん 女性と男性のクリニック
「基礎体温からわかること」

生殖医療の必修知識2017 一般社団法人 日本生殖医学会編

まったなし!崖っぷち高齢不妊女性のための超スパルタ妊娠マニュアル
(峯村静恵 著)