ご縁授茶LOVE!「日本ママヨガ協会代表理事」カー亜樹さんの体験談

  • インタビュー

ご縁授茶LOVEのみなさまをご紹介

ご縁授茶LOVEの方から、お話を聞かせていただくインタビューコーナー。

第2回目は、産後ヨガインストラクターであり、一般社団法人日本ママヨガ協会代表理事のカー亜紀さん。

カー亜紀さんが、ご縁授茶について語ってくれました。

一般社団法人 日本ママヨガ協会 代表理事 カー 亜樹さん


Q1.あなたは、どんな人ですか?

ママを癒す産後ヨガを全国にお伝えしているヨガインストラクターです。
体が冷えやすく、肩こりなどに悩み、ヨガを始めました。
今は、子どもを授かったママが、大変な育児の中でも、癒されるヨガを提案しています。

Q2.あなたの大切にしている習慣、行動、価値観、信念などを教えてください

心と体をいつもありのままの状態に保つことで、ハッピーでいられたらいいなと思っています。

私は、考えると同時にもう動きだしてしまう性格なのですが、行動してみて思うのは、「動けば風が吹く」んだなぁ。ということ。

なりたい自分、やりたいことがあるのなら、いろいろ考え込んでしまわず、失敗を恐れずに、まずはやってみることを大切にしています。

Q3.いままで大変だったこと、つらかったことを乗り越えたエピソードはありますか?

17歳の時に乳腺腫を患い手術、34歳には8センチの子宮筋腫を切除。
それでも結婚10年目、37歳で男の子を授かり、今は楽しく子育てをしています。
いろいろ、できやすい体質なのかもしれません。

でもここ1年は乳腺腫が治らず困っています。
これもやっぱり、私が体が冷えてるのかなと思ったり。

なので、ヨガは自分の健康維持のために続けているのですが、さらにこのようなご縁授茶があることがとっても嬉しいです。

Q4.自分が壁にぶつかったり、落ち込んだ時は、どんなふうに対処しますか?

うーーーん。一言で答えるのが難しいのですが。

壁にぶつかった自分、落ち込んだ自分の感情にそのまま巻き込まれないように、一歩離れた立場で自分を見つめるようにしています。

「私、こんなにつらい!こんなに悲しい!」ではなく、「私、つらいんだ、悲しいんだ」と客観的に見ることで、「じゃあ、その私をどんな風にしたら、いたわってあげれたり、元気にしてあげれるんだろう」と考えると、不思議とつらさも軽減し、前向きに考えられるようになります。

ダメだった自分よりも、がんばった自分をほめて、また次の一歩をふみだしています。
行き詰まったときは、そのことから一度距離を置いてしまうのもありかもしれません。

Q5.あなたに大きな影響を与えた出会い、体験、エピソードを教えて下さい

やはり、ヨガとの出会いが一番大きかったです。

肩こりと冷え解消のためにヨガを始めたのですが、ヨガはただ体を動かすエクササイズではないのでは?と思うようになりました。

これまでは、自分にないものを探しては外へ外へと答えを探しに行ったり、ダメな自分と向き合うのが嫌でした。

ヨガの良さに触れることで、自分に必要なものはすべて自分の中にある、と思えるようになり、ダメな自分に×を付けずにありのままを受け止められるようになりました。

ヨガをライフスタイルに取り入れることで、自分にも優しく、周囲にも優しい自分になれたのがとっても嬉しいです。

Q6.あなたの夢や目標を教えて下さい

ママのための、ママが癒されるヨガを指導していますが、今後は、これから赤ちゃんを授かりたい方のためのヨガプログラムを作りたいと思っています。

赤ちゃんを授かる喜びを応援しながら、女性としていろんな方に助けてもらいながら、みんなで一緒に成長していきたいです。

Q7.ご縁授茶を飲んで感じた変化があればお書きください

多くの方を妊娠まで導かれた堀江薬局の堀江さんがつくられたというだけでも、すごくご利益を感じました。

パッケージもとてもかわいくて、堀江さんの愛や想いがそのまま伝わってきて、開けるのがもったいないくらいでした。ポカポカと芯からあっためて、心もやわらかくほぐしてくれます。

あわただしい1日の最後に飲むと、ストレスもわすれ、リラックスして過ごせるのでこれからも飲み続けたいです。


ホームページ・ブログ
http://jmya.jp/
ブログ
http://aki.jmya.jp/
プロフィール
http://aki.jmya.jp/mamayoga/about/


亜紀さん、ありがとうございました!