「爽健美茶」で流産なんてしません。〜妊娠中のハトムギについて〜

  • コラム

「爽健美茶」で流産する。

という話がネットで話題になって、コカ・コーラ社が否定しました。

↓  ↓  ↓

『爽健美茶で流産? 根も葉もない噂、コカ・コーラ社が否定「妊婦が飲んでも問題ない」』

爽健美茶に入っている「ハトムギ」が、流産させる働きがあるため。

というところからツイッターで広まった話のようですが、

全く問題ありません!

完全にデマなので、心配しないで大丈夫です。

 

 

リンク先の記事でも紹介されてた産婦人科医である金沢大学・補完代替医療学研究室 鈴木信孝特任教授の講演でも、

↓  ↓  ↓

『殻付ハトムギ熱水抽出物(CRD)の研究開発』

『古来、妊娠初期のハトムギ摂取は流産の危険性があるので、摂取はひかえるべきであるという伝承があったが、これについて我々は、ハトムギに発生したカビ毒による子宮収縮作用によるものであると考えている。

Hui-Ping Treng らは、 ラットにヨクイニンを 0.5g/kg(通常の漢方薬としての常用量の 12.5~25 倍の高容量)を 10 日間経口摂取させても、流産率、早産率、胎内死亡率に有意差はみられなかった と報告している。

最近、篠田らによりハトムギの妊娠ラットを用いた経ロ投与簡易生殖毒性試験が綿密に行われ、その安全性が証明された。

ハトムギは度を越えた使用をしない限り、妊娠中でも安全に使用できると考える。

(以上記事より抜粋)』

とのことです。

 

逆に、漢方でのハトムギの働きって、

体内の水分のバランスを整えたり、

余分なむくみを取り除いたり

代謝をよくしたり

します。

これは、逆に妊娠中に活用してほしい薬膳効果でもあります。

ぼくが妊娠中におすすめしているお茶にも、ハトムギが入ってるくらいで、

妊娠がわかったら、ご縁授茶からこちらに切り替えていただいています。

安心できない成分だったら妊娠中にすすめれません。

 

また、

妊娠初期の流産を心配されるひとが、すごく多いですが・・・

お母さんの側がなにかをした、あるいは何かを食べたから流産をする、しない。

ということではありません。

そういったことに、一喜一憂しなくて大丈夫なんですよ。

 

医薬品を服用する(医師・薬剤師に確認してください)

激しい運動をする(バスケやマラソンなど)

 

とかでなければ、いつもどおり、特別なことをせずに普通に生活してて大丈夫です。^^

 

妊娠初期に一番良くないのは、なにが悪いかネットで検索することです。

心配や不安を抱えた状態で検索すると、心配や不安を増幅するような情報しか集まってきません。

そしてこの、

「爽健美茶で流産する」

のような、わけのわかんないデマに引っかかることになってしまいます。

 

妊娠がわかったときは、

すなおに喜んで、

おなかの赤ちゃんの力を信じて応援してあげてくださいね。

それだけで、十分です。^^

文責:堀江昭佳