化学流産には有効な治療法がない?!  〜漢方で流産を乗り越える方法〜

  • 不妊治療について

化学流産という言葉は、妊娠検査薬の普及によってクローズアップされるようになった
ものです。ひと昔前であれば、超早期の妊娠・流産に気付くことなく「いつもより遅れて生理がきた」という感覚でした。

超早期の妊娠判定は体調管理という点でメリットが大きい一方で、万が一赤ちゃんが
育たなかった場合に「一度は妊娠したのに流産してしまった」という精神的ダメージ
として、子宝を望む女性の心に傷を残します。

さらに、子宝を望む女性やカップルにとっては非常に信じがたいことですが、
現代の医療において化学流産は「流産」に含まれないばかりか、繰り返す化学流産に
対してさえ有効な治療法は確立されていません。

この記事では、化学流産とはどういうものかについて詳しく解説するとともに、
漢方の力で流産を乗り越える方法をお伝えします。

化学流産だけでなく、習慣性流産・不妊症の方もぜひお読みください。

化学流産とは?

流産は、「妊娠22週前より妊娠が終わること」と定義されています。妊婦の約15%が
流産になるといわれ、妊娠を経験した女性の約40%が流産を経験しているというデータもあり、流産は決して珍しいものではありません。

では、化学流産はどうでしょうか。

化学流産は、「妊娠反応が陽性となった後、超音波で胎嚢(赤ちゃんの袋)が子宮内に
確認される前に流産となること」
と定義されています。

現在は感度の高い妊娠検査薬の普及によって、早ければ妊娠3週頃から妊娠判定ができるようになりました。妊娠を強く望む場合、待ちきれずに「フライング検査」をする方も
多く、いったんは陽性反応が出て喜んだのもつかの間、その後生理がきてしまった……
というケースは少なくありません。

公的なデータによると、「何の異常もない健康なカップルでも、3040%という高い
確率で化学流産が起こっている
」といわれるほど、かなり頻繁に起こっているのです。

このように高い確率で発生する化学流産ですが、超早期の妊娠検査を行わなければ妊娠・流産に気付かず、生理が遅れたと考えて過ごすことも多いことから、現在のところ日本産婦人科学会の定義では「流産」として扱われていません。

残念ながら、化学流産をしたからといって検査や治療を行うことはなく、経過を見るしかないのが今の医療の現状です。

化学流産の原因は?

流産全体をみると、妊娠12週未満の早期流産が80%以上を占め、最も多い要因が
「受精卵の染色体異常」です。

化学流産の場合も例外ではなく、染色体異常によって赤ちゃんが十分育つことができずに流産するケースが多く、ある意味、受精の瞬間に運命が決まっているともいえるのです。

この時期のお母さんの生活習慣が原因になることはほとんどありませんので、
「自分のせいで……」と自分を責める必要はありません。

参考までに、流産を繰り返す「反復・習慣性流産」の場合、検査によって流産の
リスク因子が特定され治療を開始するケースがある一方で、検査をしても約65%の
ケースで「リスク因子不明」という結果になります。

さらに、このうちの約半数が「何のリスクもない」つまり、「流産を引き起こす原因が
まったく見当たらない」というケースであることが明らかになっています。

これらのデータは、医療が進歩した現代であっても、いかに妊娠・出産が不確定なものであり「誰もが簡単に妊娠し無事に出産できるわけではない」というなによりの証拠でしょう。

流産や化学流産を繰り返し、原因もわからない状況で「どうして自分だけ」と思ってしまう方は多いと思いますが、どうか諦めず、次の妊娠に向けて気持ちを強く持ってほしいと思います。

現代の医療で化学流産に対する有効な治療法はない

現在の医療では、化学流産は定義上「流産」として含まれないため、経過を見るしかないことはすでにお話ししました。

反復流産・習慣性流産の場合は「不育症」として扱われ、精密検査で原因が見つかれば、それに対して有効とされる治療を行います。

治療が効く・効かないは別として、不妊に悩む方にとっては「流産の原因が見つかる」「治療法がある」というだけでも道筋が見え、前に進む希望となるでしょう。

一方で化学流産の場合、「くり返す化学妊娠(注:化学流産の医学用語)については不育症に含めるか否かにつき今後検討していく必要がある」と提言されてはいるものの、いまだ有効な検査や治療法が確立されていないのは非常に残念なことです。

このような状況に対して、化学流産をくり返している多くの方が、疑問や強い憤りを
感じることでしょう。

そして、子宝を望む多くの方が「なにか方法はないのか?」と悩み、
模索する日々が続きます。化学流産は、本当に「経過を見るしかない」のでしょうか?

化学流産に対して、漢方ができること

現代の医療では化学流産に対する有効な治療法はないとお伝えしましたが、
「体質を改善し、妊娠しやすい体をつくる」ことは十分可能です。

どういうことか説明する前に、まずは現代医療(西洋医学)と漢方(東洋医学)の違いについてお話ししたいと思います。

西洋医学では、何かしらの症状や体の異常が現れた場合にまずは検査を行い、
病気が特定されれば治療が始まります。

それに対し東洋医学は、まだ表面化していない体の不調や、検査をしてもこれといった
異常が見つからず、西洋医学では病気と特定されない状態(未病)が治療の対象と
なります。

つまり、東洋医学は「病気として表面化する前に、その原因を取り除くこと」が目的
なのです。

さらに、西洋医学では病気に対して直接作用するような治療を行うのに対し、
東洋医学では人間にもともと備わっている「自然治癒力」を高める治療を行います。
東洋医学で使用される漢方薬は、そのような「本来持っている治す・癒やす力」を助けるためにあるのです。

東洋医学では、表面化している体の不調以外にも、生活習慣や便秘・冷えなどの体質
など、あらゆる点からその人に潜んでいる問題を見つけていきます。

さらに、「ほとんどの病気・不調の解決法は、普段の生活の中にある」という考えのもと、生活習慣を整えることで体質を改善し、病気になりにくい体づくりを基本としています。

くり返す化学流産や、不妊・不育症で原因が特定できない・不妊治療の効果がなかなか
得られない…といった悩みを抱えている方は、ぜひ漢方の力を試してほしいと思います。

漢方で行う「妊娠しやすい体づくり」とは

流産や不妊に対し、漢方で大切にしてる考え方は次のようなものです。

・体を温める。
・血を増やし、血流を良くすることで妊娠しやすい体をつくる。

〈体を温める〉

「妊娠したら体を冷やさないように」とよくいわれますが、これは妊娠する前にも
同じことがいえます。

人間の体は、体温が下がると臓器の働きが悪くなります。
当然子宮も同じで、冷えることで赤ちゃんを育てる力が弱くなるのです。

体を温めることは、漢方では「陽」の力であり、子宮や卵巣を元気にする効果が
あります。冷たい飲み物よりは常温・温かい飲み物、夏でも薄着をしない、適度な運動をするという生活上での工夫や、漢方薬では「補陽薬」を使用します。

〈血をつくる・増やす・流す〉

漢方には、古くから「女性の体は血が基本」という考え方があります。

「子宮は血の海」という言葉もあるほど、
血が豊富にあって初めて子宮・卵巣が正常に働くと考えられており、
漢方において「妊娠力は血流そのもの」といえるのです。

これは大切なことですが、血流を良くする前に、まずは「血をつくる・増やす」必要が
あります。
血流を良くしようと思っても、そもそも流すための血が不足していては
どうにもなりません。まずは血をつくり、増やすことが先決です。

血をつくるためには、良質のタンパク質をはじめとしたバランスの良い食事、血を増やすためには質の良い睡眠と呼吸法、血を流すためには適切な運動など、まずは日常生活を見直すことから始めます。

さらに、それらを補うために「活血薬」などの漢方薬を使用します。

このように、漢方とは漢方薬だけで治療するものではありません。

普段の生活を整え、本来持っている力を十分に発揮できるような体づくりをすることで、体の不調を改善することを目的としています。

流産や不妊の場合、妊娠できるレベルにまで妊娠力が達していない状態だと
考えられます。

漢方では、子宮や卵巣の働きを良くすることで
女性が本来持っている妊娠力を「底上げ」し、妊娠・出産するための力を積み上げていくお手伝いをします。

流産や不妊の原因がわからず苦しんでいる方は、まずはご自身の妊娠力を高めるための「妊娠しやすい体づくり」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

妊娠しやすい体づくりについてはこちらの記事でもご紹介しています

【まとめ】

化学流産を含む流産・不妊で悩んでいる方、子宝を願うすべての方には、有効な治療法がないからといって諦めないほしいのです。

現代の医療では限界があること・標準治療が確立されていないものでも、漢方の力で
お役に立てることがきっとあると思っています。

流産や不妊は心身の状態が複雑にからみあい、西洋医学の力だけではどうしようもない
ことが多くあります。そのようなときに、ぜひ漢方の力を試してみてください。

「赤ちゃんに早く会いたい」

その願いが一日も早く叶うことを願っています。

<出典・参照元>

公益社団法人 日本産婦人科学会HP

反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)相談対応マニュアル

不育症Q&A 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構委託事業HPフイク・ラボ

厚労研究班の研究成果を基にした不育症管理に関する提言
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構委託事業HPフイク・ラボ

産婦人科診療ガイドライン2017 産科編
公益社団法人 日本産婦人科学会/公益社団法人 日本産婦人科医会

カラー図解 東洋医学 基本と仕組み(仙頭正四郎 著 西東社)

血流がすべて解決する(堀江昭佳 著 サンマーク出版)