うがい薬の使いすぎで妊娠力の低下に注意!

  • コラム

毎日のようにイソジ○でうがいをしたり、

のど○〜るスプレーを使ったりしていませんか?

やめましょう。

イ○ジンうがい薬やの○ぬ〜るスプレーを使うのは喉が痛い時だけにとどめてください。

 

こういった商品にはポピドンヨードという殺菌成分が含まれている。これ自体は非常に殺菌効果が高く、医療の現場でも広く使われています。そして、念を押しますが、イ○ジンやのどぬ〜○スプレーが悪いといっているわけではありません。使い方に気をつけることが大切です。

口に入る形では日常的にたくさん使わないでください。

 

口の中にいる常在菌まで殺してしまうため、いつもつかっていると免疫力が逆に下がって風邪をひきやすくなったりします。

それだけではありません。

一番問題で心配となるのは、甲状腺への影響です。

 

ヨードは甲状腺に影響する

ヨード(ヨウ素)は甲状腺と深い関わりがあります。

甲状腺は新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンを出すことで、全身の健康を保つに欠かせない器官のひとつです。

この甲状腺ホルモンはヨードから作られるのですが、ヨードを摂りすぎると機能に影響を及ぼしてしまうのです。

 

甲状腺機能に異常が出て甲状腺ホルモンが

少なくなると甲状腺機能低下症(橋本病など)

多くなると甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)

になります。

 

男性よりも女性の方が甲状腺の異常が出やすく、潜在的な甲状腺機能低下症は10人に1人程度ともいわれるほどです。(女性の4〜10%、高齢者になると20%)

ですから決してひとごとではありません。

 

ヨードで妊娠力が低下する

特に問題になるのが妊娠力への影響です。

甲状腺の状態を見る数値のひとつにTSH(甲状腺刺激ホルモン)があります。

脳から甲状腺に、ホルモンを出しなさいと命令するホルモンで、甲状腺の機能が低くなると、

「もっと甲状腺ホルモンを出しなさい」

と命令するために多く出るようになります。

 

つまり、甲状腺ホルモンが正常値内であってもTSHが高いということは、「出せ〜!」とたくさん命令されてやっと正常値にあるということになり、隠れ甲状腺機能低下になっているわけです。(潜在性甲状腺機能低下症といいます)

 

このTSHの基準値は、0.5〜5μg/mlとされていますが、TSHが2.5μg/mlより高くなると着床しにくく、流産しやすいことがわかってきました。

そのため、米国甲状腺学会ガイドラインでは体外受精をする際にはTSHを2.5以下にするように定められ、日本の不妊クリニックなどでも、同様の対応をされるところが増えてきています。

 

大切なことですが、

ヨードを摂りすぎると甲状腺機能が低下して、TSHが高くなってしまうのです。

つまり、妊娠力の低下が起きます。

 

イソジン(ポピドンヨード)の影響は大きい

このヨードの摂りすぎについて、甲状腺機能が正常のひとであっても1日1.5mg以上摂取していると、甲状腺機能低下症になることが知られています。

なのに!

イソ○ンうがい薬には、1ml中 ヨード7mg

のど○〜るスプレーには、1ml中 ヨード5mg

という量が含まれています。

一時的に使用するのには問題ありませんが、毎日使っていると当然影響が出てきます。特に、妊娠を希望されている方は着床、流産に関わってきますので、使い方にはくれぐれも注意してくださいね。(個人的には、日常のうがいは水道水でいいと考えます)

☆悩んだらまず4ヶ月飲んでみて〜^^☆
「血」を大切にする理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるとっておきのブレンドティー。女性のバランスを整えるためにおすすめ!
これからの暑い季節にはアイスでも美味しく楽しめます^^
↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶

☆講座・セミナー ☆

・6月3日(月)

看取りをしてこられた医師 上原暢子さんをお招きして。死を通じて生きることを見つめるワークショップ
第六回体と心のライフスタイルカレッジ〜今を生きるためにいっぺん死んでみる〜

・6月8日(土)

risaさんがヨガを担当。ヨガと血流のお話で、心と体を整える
ヨガx血流ワークショップ vol.27 in 岐阜

☆一緒にやりましょう^ ^☆
↓    ↓    ↓
堀江昭佳Twitter

参考文献・ホームページ:

Metabolism 37:121-124,1988「The effect of small increases in dietary iodine on thyroid function in euthyroid subjects」

長崎甲状腺クリニック不妊症/習慣性流産/体外受精(IVF)と甲状腺  」

日本内科学会雑誌 第99巻 第 4 号・平成22年 4 月10日「甲状腺疾患:診断と治療の進歩」

日本醫事新報社妊娠前における潜在性甲状腺機能低下症の治療」

 

※今回、イソジンと甲状腺の関係について詳しく調べるに当たり、大阪の長崎甲状腺クリニックさんのホームページが非常にわかりやすく助かりました!こんなに詳しく文献も引用して解説してあって感動です!ありがとうございました。