第1回【心と体のライフスタイルカレッジ】〜未来を予約する手帳術〜

  • ライフスタイル講座

第1回【心と体のライフスタイルカレッジ】〜未来を予約する手帳術〜

堀江昭佳プレゼンツ!
好きなひとをサロンに招いて、
みんなで学んでお話しして。

おいしいごはんを食べて笑って、
みんなで楽しい時間を過ごそう!

そんな楽しい企画が……

「心と体のライフスタイルカレッジ」


第1回目のゲストは、青木千草さん。

ヨガ講師であり、
手帳ライフコーディネーターでもある
青木さんプロデュースの手帳
やりたい事を叶えるCITTA手帳』はAmazonでも完売!


そんな大人気手帳の本
CITTA式 未来を予約する手帳術
こちらは発売1ヶ月で4万部突破!



さて、初めての企画はどんな内容だったのか?
早速、現場の様子をお伝えします!

 

初企画!【心と体のライフスタイルカレッジ】

 

堀江
第一回なんですよ。
青木
一回目なんですね(笑)
堀江
打ち合わせ、してません、アハハ!
青木
ないんだもん!丸っと投げられました。今日の講座は、堀江さんから「1時間半でやりましょう」って言われて、え?って(笑)
堀江
ごめ〜ん!で、CITTA式手帳ってどういうものなの?
青木
ワクワクすることを先に手帳に書くんです。普通は予定が入ったら書きますよね。楽しく手帳を続けられる方法はないかな?と考えて、できあがりました。楽しい、ワクワクする、というところを持って帰ってもらえたら嬉しいです。
堀江
では青木さん、お願いします!

 

青木千草さんの講座、スタート!

 

青木
あなたの未来を予約する、手帳ライフコーディネーター青木千草です。ヨガスタジオを2つ経営しています。手帳の制作を始めて5年が経ちました。
青木
「CITTA」の意味、ご存知ですか?
参加者
心?
青木
さすが!インドのサンスクリット語で「心」という意味です。
青木
ヨガの先生によく言われていたことがあるんです。「やると決めたことはやる」それがヨガの人ですと。「明日から5時に起きる」と紙に書いたら、5時に起きる。どのくらい強いマインドでできるか。紙に書いたら、絶対に守る。書いたことは100%守る。
青木
CITTA手帳を作るまで、年に数回手帳を買ってたんです。 「あ、これ土日せまい」とか、11月に買って、12月に買って、3月に買って……。 だんだん買い換える自分が嫌になってきて。 
青木
100%自分が気にいる手帳がほしい!」そう思って。初めて自分の思い通りの手帳を作ろうとした時、100万円かかるって言われたんです。版代とデザイン料がかかるので、「出すんだったら千冊単位で作って」って言われて、えーって!だから5年前、ノートに365日分手書きしたんです。今のレイアウトと全く同じなんですよ。
堀江
へ〜!
青木
今のCITTA手帳が私の理想なので「この手帳大きい」とか人に言われても、一切変える気はないんです(笑)、自分の夢を書くのに、豆みたいな小さな字で書いてられないじゃないですか。
青木
誰かのためにとか、誰かのお役に立つためにとか、そんなん言わなくていいんです。好きなことを仕事にしたい人は、自分のためにやってください。ご自分が幸せになるためにやってください。
青木
インド人の先生にヨガを教わっていたんですけど、まあ厳しくて!すごく痛いところをついてくるんです。その先生に、「手を合わせる時に何のために合わせるのか知ってるのか?」って聞かれたんです。
青木
右手がお父さん、左手がお母さん、それが合わさって自分が生まれる。30歳すぎて親に感謝できないならヨガをやる資格がない。今すぐ電話しなさい、と言われるんです。その時に鍛えられたことが、今のCITTA式手帳術に活きてますね。
青木
ではみなさん、質問です。
青木
今、この世で一番自分を愛してくれているのは誰だと思います?
参加者
両親?
青木
私も、母親の顔がすぐ浮かびました。でも、先生は「違う」って。自分を一番愛してくれているのは誰だと聞かれて「自分」と即答できないなら、ヨガをやる資格はないって。つまり、「私ってダメや」と思わないことなんです。

大事なことは……

1.自分を愛すること 
2.自分に嘘をつかないこと

 

青木
この2つなんです。だから堀江さんは、全部叶えるんですよ!わーって叶える人はすごく純粋で、引き寄せの強い人なんですよね。
堀江
ビバ自分!
青木
自己愛が強い人は自己実現が早いんです。堀江さんは言うまでもないですね(笑)

 

 

自分軸で、理想の一週間を予約する!

  1. 1.ワクワクリストを書く
  2. 2.日付を書く
  3. 3.手帳タイムを持つ

 

青木
自分軸で理想の1週間を予約する!時間軸のポイントは、時間をつかまえることです。未来を予約する3つのステップ。ワクワクリストを書くんです。やりたいと思うことを書きます。日付を入れた方が叶います。
青木
自分の未来を予約するために、手帳を書く時間を取ります。みんな、「時間があったら行こう」と思ってるじゃないですか。でもそんな時間はないんですよね。映画を見に行こうとしても終わってる、みたいな(笑)
青木
ワクワクリストを書く時は、叶うかどうかはどうでもいいです。勉強・学びからいってもいいし、収入でもいいし、家族関係でもいい。食べたい物を考えたり、健康美容睡眠系ですね。買い物同行をお願いして似合うものを探してもらうのもいいですね。会いたい人を書いておく、というのもいいと思います。たった3分です。その間に、あなたの願いを叶えてくれる女神様がおりてきます。

 

※ここで、「自分軸で理想の一週間を書き込む」ワークをする。

 

青木
さて、やりたいこと書けましたか?女性は視覚化した方がいいんです。
青木
やりたいことが見えてきたら、まずハードルの低い小さいリストから行動に移して行きましょう。手帳に書いたからには100%やります。絶対です。このワークを私は「手帳タイム」にやっています。すごく楽しいですよ。
青木
手帳タイム、気づけば2時間経っていることもあるんです。ここにはいつ行けるかな、これをするんだったら誰さんに連絡しなきゃとか。この時間に宿の予約をしたり、LINEで連絡をしたり、電話をかけたりもしています。予約の時間も手帳タイムです
青木
一週間に一度。自問自答する、自分のミーティングタイム。あなたのことを売れっ子にする大切な手帳タイム。この手帳タイムをとるために、何曜日の何時にカフェに行くとか、そういう予定を入れていきます。
青木
ちょっと奮発して、ホテルのラウンジに行くのもいいですよ。コーヒー何回もついでくれるし、何時間でもいれるのですごくいい!お気に入りのホテルのラウンジに行って、手帳ミーティングをするんです。
青木
大きい海外旅行とかも、決めておいたらいいんですよ。まだ休みがとれなくて不安でも、行きたい月のところに、旅行の予定を書いて付箋を貼るんです。仮予約ですね。自分に約束するんです。
青木
自分との約束を守れる人は、実現が早いです。大きな目標の前に、小さな目標をすぐやる!そう思うと楽しいんですよ。だんだん大きな目標は気にならなくなるんです。小さい目標を叶える人が、大きな目標を叶える。何か思ったら、書いた瞬間忘れていいんですよ。でも毎日見なあかんで(笑)

青木千草さんは、関西出身。 スイッチが入ると関西弁になります(笑)

 

【対談】青木千草×堀江昭佳

 

青木
大きいワクワクはどうしたらいいか?っていうと、10キロやせるとか、月収100万円達成するとか。10キロやせるって書いた時に、どうやってやせます?何からします?
参加者
ひたすら歩く、運動する、甘いものをやめる!
青木
そうですよね。10キロやせると決めた後、いつも降りている駅より一つ前で降りるとか、目標に辿り着くまでにすることがありますよね。頂点に辿り着くためにすることがあるはずなんです。激ヤセした子に「何したの?」と聞いたりとか。やせるためにまず一つだけ、今できる一番ちっちゃい習慣を見つける。
青木
例えば「オーロラを見たい」。そう思うならまず調べてみることが大事です。行きたい所があるのに、いくらかかるか知らない人が結構いるんですよ。
青木
私は「半年後にインドに2週間行く!」と決めた時、そのために(ヨガ講師の)養成講座をやったんです。自分が2週間留守にしても大丈夫なように。その子たちに3ヶ月かけて教えて、ちゃんとインドに行きました(笑)
青木
実は、手帳が300冊売れ残った年があるんです。めっちゃ悔しくて、毎日ブログを書くことにしたんです。毎日毎日書いて、アクセス200くらいだったのを3ヶ月で2,000にしたんです。その時はすごく必死だし、机にMacBook置いて、iPad置いて、iPhone置いて、その間で死んだように寝たりしていました。そのくらいやっていた時があります。
青木
本当はみんな夢、叶えられるんです。「できない」って自分で否定しているだけなんです。(堀江さんを見て)ここに、ワクワクだけで生きてる人がいますけど(笑)
堀江
僕は意外と、意外と計画を……(笑)。そう見えないかもしれないけど、僕は単純に一つのことをするために一つのことしかしないってこと、ないんです。一つのことをする時に、それをすることによる波及効果が絶対あるんです。
堀江
例えば、ご縁授茶。このお茶を最初に作ったのは、妹が子宮頸がんの検査で引っかかって、それから気軽に飲めるものを作ったことがきっかけなんです。作るだけではもったいないので、通信販売を始めて。(お客様が)毎月買ってくれるので、資料を送ることにしたんです。僕のメルマガって、買った人しか読めないんですよ。うちの妊娠報告って、半分はご縁授茶のお客様からいただくんですよ。平均すると(飲みはじめて)1年、というデータも取れるんです。
堀江
僕はそういう風に考えます。このイベントを思いついた時もそうなんですけど、(今回の内容は)血流と関係ないじゃないですか。どうしようかなと思って。冠つけたらいいよって話をされたので、「心と体のライフスタイルカレッジ」にしたんです。まずやってみて、その内容をホームページにアップして、みんなが見に来てくれて、って。他にどんなことになるかな?ということをどんどん思いつくんですよ。それをいっぱいやってる感じです。後から勝手に理由をつけてることもありますけど(笑)
堀江
例えばダイエットもそうで、運動するでしょ。その時間を確保するでしょ。時間が整っていくでしょ。そうすると生活自体、すごく生産性が上がっていくでしょ?
堀江
ていう感じで考えるんですね。一つの行動で一つじゃなくて、二のこと三のことってどんどん物事が生み出されていくから、精神的にも時間的にも豊かになっていくでしょ?そういう感じがあります。
堀江
えー?って感じ?(笑)
青木
めっちゃ考えてるんですよ、堀江さん。考えてなさそうに見えるけど(笑)
堀江
それをね、楽しいでやっちゃうの。計算でやっちゃうとおかしくなっちゃうの。「こっちがの方が得かな?」とかってやりだすと、歪む。千草さんもそうだよね。損しても手帳を出したいんだよね?
青木
そうそう(笑)
堀江
「人のために」ってやるとおかしくなるんですよ。人のためにって言ってる人は、「あ、この人、承認欲求があるんだな」って思う。自分が楽しいと、たまたま人も楽しいって言ってくれる。自分の喜びがあって、そこに人の喜びがある。自分の幸せと、その先の他人の幸せが一致するポイントを見つけるのが理想。
堀江
自分のしたいことで仕事を選んだ。なのにうまくいかない。そんな時は、ここがうまく一致してないんです。
堀江
僕は会社の経営者なんです。昔、数千万円の借金を押し付けられてね。大変でした。だからお金の大切さも知ってるし、(お金が)ないとツラくなることもわかってる。だけどお金を稼ぐこと自体にそんなに興味がないんですよね。売上の目標が先にくると絶対おかしくなる。
堀江
普段、こんな経営の話はしないんですよ〜!(笑)。
堀江
堀江薬局の指標は、妊娠報告なんです。少なくともうちに来られてる圧倒的大多数の方は、妊娠を希望されているんです。(2017年12月2日)昨日、妊娠報告が1,000人になりました!
全員
おめでとうございます!
堀江
妊娠報告は、自分のためにもなるんです。僕は子供を持たないので、妊娠報告をゴールにした時、どうやったら(妊娠報告が)増えるかなと考えるんです。ご縁授茶が売れればそりゃ妊娠報告は増える。だけどそれだとダメ。一年は飲み続けないと。で、一年続けてもらうためにはどうしたらよいか?そう考えるんですね。売上のためじゃなく、みんなが妊娠するために考えるんです。
堀江
目標の設定の仕方をお金にした時、なんか狂う感じがするんですよね。
青木
稼げている人は、信用を売ってるんですよ。堀江さんがこのお茶いいっていうと、みんなが買うんですよ(笑)
堀江
みのもんたになれるね(笑)
青木
なんで(堀江さんが)そんなに影響力があるかっていうと、嘘がないから。お金が目的じゃないからなんですよね。
堀江
お金、うん、そうじゃないね。お金がない時は、お金を稼いだらいいと思うんですよ。お金がない時って、(お客さんに購買行動を)続けてほしいと思ってしまうんですよ。だから、お客さんを切れない。でも今は「うんうんいいよ、いらない」って言えるんです。迷いながら(ご縁授茶を)飲むのもよくないから、って、パーンと止められる。お金があると、選択肢が増えるんですよ。損得で考えなくてよくなるから。
青木
お金を稼ぐんじゃなくて、信頼を稼げって言われますよね。
青木
手帳のことは、その経緯を全部ブログに書いたんです。すごいマニアックな記事を書き続けてたんですよ。その時お金なかったんです。(手帳を)1500冊刷るには250万円かかるって言われてたんです。100万円足りなかったんです。どうしよう、100万円足りない、どうしよう……。
青木
そんな風に困った時、「そうだ、予約販売にすればいい」って思ったんです。予約開始ってなった時からぶわーってメールが来て、気付けば口座に100万円たまってたんです。
全員
すごーい!
青木
みんな何も疑いもせずこんなに予約してくれてって……。私、逃げるかもしれないじゃないですか(笑)これって信頼ですよね。
堀江
それってクラウドファンディングといっしょだよね。あれって予約販売だよね?
青木
そうなんです。実は、あれが流行る3年前からやってるんですよ(笑)
堀江
今ふと思ったのは、実家帰った時ほんとにお金がなくて。あの時に、家でね、島根県の地図を買ってきて、お店がここにできて、いくら売上が上がって、というのを書いておいたんです。結果、その通りになったんですよ!
青木
未来予約してたんですね!
堀江
してたんだなって今日改めて思った(笑)
青木
結果が映像で見える人って、絶対叶うんですよ。そこに根拠とか理由はないんです。
堀江
チャンスとかって、みんなの目の前を通ってると思うんです。もしも僕に人より優れているところがあるとしたら、躊躇しないというところですね。
堀江
違和感ってある。直感なんだよね。直感って体の声だから、バランスが崩れてる時って、働かない。体調が悪い時って直感がにぶる。堀江薬局には、体調の悪い人がくるんですよ。でも体調が良くなるとみんな、顔も変わるし、言葉も変わる。
青木
「ワクワクリストが書けない」ってお悩みを聞くんですけど、そういう人って体調が悪かったり、直感がにぶってるんですよね。大きなワクワクが出ないのは、他人のために動いてるからです。疲労がたまるので、ワクワクが考えられなくなるんです。
堀江
一番簡単なのは夕食断食ですよ。
青木
またぶっこんできますね(笑)
堀江
心のことを思い通りにする。そのために、ヨガでまず体を思い通りにするんだよね。それができると心も格段にやりやすい。もう完璧ですね!
青木
今回のカレッジのテーマにそってますよね!
堀江
これが行き当たりばっちりなんですよ(笑)
青木
この企画、続くのかな?
堀江
それって未来予約?(笑)

 

END

 

青木さん、参加者のみなさん
この度はありがとうございました!

 

 

 

次回のテーマは、
『しあわせな更年期で、新しい人生の扉を開くとき』です。

こちらも、お楽しみに!