流産について

Q.子宮の形が悪いと言われました。流産の原因になりますか?

堀江昭佳の回答

A. ひとことで子宮の形が悪いと言っても、いろいろな場合があります。 手術が必要かどうかは、その状況によっても異なります。 子宮の奇形は比較的多く、5%くらいの女性に見られると言われます。 たくさんの種類がありますが、多い順に弓状子宮、中隔子宮、双角子宮、重複子宮となり、中隔子宮では流産率が80%にもなります。 手術で妊娠がしやすくなる場合もあるので、主治医の先生とよく相談することをおすすめします。 子宮奇形で流産率が高くなるのは、血流が大きく影響すると言われます。 受精卵が着床して育つには、血液循環が良い場所に着床することが必要ですが、奇形があると血流が悪くなって、受精卵の着床や発育が妨げられることがあり、流産の原因になるためです。 そのため、血流をよくする漢方を使うことも、ひとつの方法としておすすめしています。

ご相談希望の方はこちら

セミナー「子宝リトリート®」お申し込みはこちら

あなたも、漢方・薬膳茶「ご縁授茶」はじめてみませんか?

「血流がすべてを解決する」著者 堀江昭佳プロデュース 漢方・薬膳茶 ご縁授茶(ごえんさずかりちゃ)お申し込みはこちら