セミナー・リトリートの体験談

Experiences

みなさんから届いたセミナー・リトリートに関する喜びの声を掲載しています。

体験談の投稿はこちら

セミナー・リトリートの体験談

「何歳になっても、こどもがほしいっていう気持ちは捨てなくても良い。」

6年間の治療を超えての妊娠。

2014年の子宝リトリート®1dayに参加され、その後赤ちゃんを授かられた川満佐江子さんに、インタビューをさせていただきました。

結婚してから6年間、治療を続けていたのが、体と心を整えることで妊娠につながった。そのときのいろいろな気持ちや出来事をお話いただいています。

『結婚が30歳で、夫婦で検査に行きました。

31歳から不妊治療をはじめて、体外受精も顕微授精も4回してダメで。

子宝リトリート®1dayに参加して堀江さんの漢方をはじめたのは36歳のときです。

不妊治療をはじめたときに

夫の精子の状態も悪い男性不妊で、数も運動率も基準値の10分の1以下でした。

ただ、当時わたしも30歳で若かったから、先生も大丈夫だと思いこんでて、自分には悪いところないと考えちゃったんですね。

心屋仁之助さんのブログで堀江さんのことを知って、セミナーコンテストの動画を見て感動して堀江薬局に問い合わせをしたんです。そしたらちょうど出雲で1dayの子宝リトリート®があったので休みをとって参加しました。

それが最初のきっかけです。

いままでも不妊治療と並行して、他の漢方や鍼も試したりしたことがあって、そのときに飲んだ漢方が美味しくなくて、必死に飲んだ記憶がありました。だから今回もがんばって飲もうと覚悟してたのに、すごく飲みやすかったんです。以前は漢方も買って終わりな感じだったのが、購入する前も、買った後も毎月カウンセリングがあるのも意外だったし、カウンセリングもセミナーである子宝リトリート®の後というのも良かったです。

そのときに、不妊の治療歴を「話す」のがはじめてでした。

病院だと、治療歴を書いて提出で終わりだったのが、自分で話すことで、感情が思い出せて、それまで「隠す」のが先に立ってて、不妊についての自分の気持ちを話したことがなかったことがなかったことに気づいたんです。

「仕方ないやん!!」

って形で家族に感情をぶつけたことはあっても、落ち着いて話したのは初めてだった。不妊治療について話すことで気持ちが整理されました。

心の中では「できなくてもいいやん」という気持ちやひとをうらやましく思うことが、あかんと思うようになってしまってたということに、そのときにはじめて気づきました。

 

 

 

 

 

読み込み中

記事が読み込めませんでした

  • 漢方・薬膳茶の体験談
  • セミナー・リトリートの体験談
  • 漢方相談の体験談