あなたはどのタイプ?いろいろな基礎体温表

①正常型

正常な基礎体温は以下のグラフのように①高温期が12~14日続く ②高温期と低温期の差が0.3~0.5℃ある ③低温から高温へ1~2日以内に移行するという3つの条件が揃っています。

基礎体温表(正常型)

②低温期が長く、高温期が短い

赤ちゃんができにくい方に比較的良く見られるタイプです。卵子の成熟が悪く排卵が遅れ、その結果黄体ホルモンの分泌が悪くなります。西洋医学では黄体機能不全、軽度の排卵障害などが考えられます。
このタイプは低温期に陰血が不足して陰が長じることができないために、排卵期にスムーズに転化できず、高温期に陽が不足して短くなります。低温期にしっかりと陰血を養いながら少し陽を補うことが大切です。

基礎体温表(低温期が長く、高温期が短い)

③高温期が不安定

高温期の途中で体温が下がったり、生理が近づくと体温が下がるタイプです。
西洋医学では黄体機能不全が考えられます。
このタイプは陽気の不足により高温を維持することができません。よって高温期に陽気を補い体温を維持することが大切です。

基礎体温表(高温期が不安定)

④体温上昇が遅い

このタイプも不妊症の方に比較的良く見られます。西洋医学では黄体機能不全、排卵障害、高プロラクチン血症などが考えられます。
このタイプは排卵期に①陽気不足により体温が上がらないケース ②血などが体温の上昇を妨げるケースが考えられます。プロラクチンが高いことが原因になるケースも見られます。全身症状より弁証して適切な漢方薬を組み合わせます。

基礎体温表(体温上昇が遅い)

⑤波動が激しい

ストレスが多く、自律神経が不安定な方に良くみられます。西洋医学では高プロラクチン血症、月経前緊張症候群、自律神経失調症などが考えられます。
このタイプはストレスにより肝気の疎泄作用が乱れ、体温も不安定になっています。肝気を整えてストレスを和らげることが大切です。

基礎体温表(波動が激しい)

⑥一相性で高温期がない

いわゆる無排卵です。西洋医学では卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症などが考えられます。
このタイプは排卵がないので、周期調節法を行うことが難しいです。無月経の場合は補腎+養血+活血の漢方薬を症状により加減して服用します

基礎体温表(一相性で高温期がない)

⑦全体的に体温が高い、周期が短い

体温が高いことは、よいことだと思われがちですが、低温期が36.5°をいつも超えている場合は、漢方では卵胞を育てる力や卵子の質が低下している可能性が高いと判断します。
「陰」と呼ばれる育てる力を高める対応をします。

基礎体温表(全体的に体温が高い、周期が短い)