不妊治療について

Before you start the infertility treatment

そもそも赤ちゃんができないことって病気でしょうか?
「不妊症」とはいうけれど、「不妊病」とはいいませんよね。

病気というよりは、赤ちゃんを産み育てる力「妊娠力」が、なんらかの理由で不足した状態というのが正解だと思います。この妊娠力を妊娠できるところまで、補ってあげたり、高めてあげる必要があります。
そのための一つの方法が、病院で行う不妊治療や「妊娠しやすい体づくり」です。
妊娠力がある程度あれば、少しの努力で赤ちゃんの笑顔に会えるでしょう。
でも、妊娠力が全然足りなかったら、つらい不妊治療に何度挑戦しても、良い結果につながらないかもしれません・・・
どうか、あなたの妊娠力を高める方法を知ってください。

不妊でお悩みの方へ
治療がすべてではありません

「赤ちゃんはまだ?」
どうか無邪気な質問や期待に傷つかないでください。
ひとりで悩みを抱え込まないでほしいです。

結婚したら子供ができてあたりまえ。
そんな常識に責められてひとりで悩みを抱えこまないでほしいのです。
世間でいう「普通であること」って、時としてとても大変なこと。
少しでも普通からずれてしまうと、普通であることを求められるのは、とても辛かったりするんですよね・・・

妊娠することは、あなたにとってどんなことでしょう?
ちょっと一度立ち止まって、考えてみてください。

まわりの期待にこたえるため つらくて長い不妊治療のゴール あかちゃんのいる新しい生活のスタート

ホルモン剤や排卵誘発剤などによる治療、人工授精、体外受精・・・
妊娠にいたるまで、次々と高度な治療を行っていくという方法は現代の不妊治療の大きな流れです。
このような治療を続け、道が開けるカップルがいる一方で、次第にステップアップしていく治療に不安やとまどいを抱える方とも、たくさんお会いしてきました。

自分が何をしていて、どういう状態にあるかわからず、インターネットや本などから必死に情報を集めたり、治療をしているのに期待が裏切られるのが怖くて、次の治療をどうするか考えてしまう・・・

毎月、小さな流産をしているみたい

そう話された方もいらっしゃいました。

だからこそ考えてみてください。
あなたにとって、妊娠がどういう意味を持つかを。
そして、自分にとって必要な治療を受けているかどうかを。