不妊漢方.comは、不妊症で悩んでいる方に体質改善と漢方薬を提案している相談薬局「堀江薬局」のサイトです。

最新記事
ブログのテーマ一覧

赤ちゃんを抱っこできて、本当にうれしい! <H.M様>

平成19年5月23日15時53分。
身長49cm・体重3192gの元気な女の子を
出産しました。

hm02H.Mさんには、「自分と同じように赤ちゃんができにくく悩んでいる人や、生理痛、生理不順、子宮内膜症・筋腫などの婦人科トラブルでお困りの方に一人でも多く体質改善の大切さを知って欲しい」ということで、体験談の掲載をご了承いただいております。ありがとうございました。

以前の私は、不規則な生活・残業ばかりの仕事で疲労困憊の毎日でした。
深夜11時、12時の残業は当たり前。
食事もお昼に定食やパスタを食べ、あとは、チョコやパン・ドリンク剤で栄養補給。
不眠にも悩まされていました。

健康診断時、子宮筋腫がみつかり、子宮の傾き具合も奇形があると言われました。
もともと不順で生理痛もひどく、冷え性で貧血がちでした。 母も数年前に子宮筋腫で全摘出し、姉も卵巣が交互に腫れたりしていたので、私も婦人系等にネックがあるんだなと感じました。
翌年の健診時には、筋腫が3つに増えていました。
その半年後、生理でもないのに出血し、排卵がうまくできていないと言われました。
そして筋腫が4つになり、うち1つは4㎝大になっていると・・・
年々増える筋腫、そして拡大に不安を感じました。

どうしようかと悩みながら、堀江さんのカウンセリングを受け、体質や基礎体温表を見てもらったりして、いくつかの漢方を朝晩服用。
元来、薬嫌いでサプリメントなども続かない私でしたが、黒蜜のように甘く飲みやすかったので無理なく続ける事ができました。自分の体質にあわせたアドバイスを受けながら、食事や生活にも気をつけるように心がけると、いつも冷たかった手足が気にならなくなり、貧血も改善されてきました。
そして、 1年くらいたって、不順だった生理も規則正しくなってきた頃、生理が10日程遅れていることに気がつきました。病院に行くと妊娠6週目に入ったところでした。
驚きと同時に、とても嬉しかったです。

もちろん、筋腫があることによって、個人病院での出産ができず、総合病院での出産となりました。
途中、羊水過多・切迫早産になり病院の薬を服用。
後期には貧血で鉄剤を服用しました。
予定日より早まりそうだと言われ続けていたものの、予定日を過ぎ入院。
41週、誘発剤を使うも児心音が弱まり、帝王切開にて出産。

もともと子宮筋腫のこともあり、手術に必要な検査・貯血はしていたのでスムーズに手術へ進みました。
ピンポン玉大の筋腫すれすれに開腹できた為、出血も許容範囲だったようです。
以前、主治医から妊娠しにくいと言われ落ち込んだことがありました。
しかし、今回の出産で、「子宮筋腫がたくさんあるけど、今回妊娠できたということは、また妊娠できる可能性があるということです。」と言われ嬉しかったです。

あの時、自分の生活をみつめ直すことができて良かった。
そして、漢方を続けて良かったと思いました。
今はもうすぐ1歳の娘と家族3人で、
幸せで充実した毎日を過ごしています。

(C)Copyright 2008 Horie Drug All Rights Reserved.